前へ
次へ

食事とビジネスの罠とは

人間は、食事をするときには体重を気にする人がいます。特にダイエットが流行している現代においては、体重を気にする人が非常に多いことがうかがえるでしょう。そこで、体重を減らすためのダイエットとしての商品を見てみると、様々な商品が売り出されていることが伺います。つまり、食べ過ぎた分だけダイエット用の食事をすることで体重を減らせると言うわけです。一見合理的に感じますが、冷静に考えたらこれはおかしな話であることに気がつくでしょう。何故かと言えば、そもそも体重を減らしたいならば食べなければ良いだけです。それにもかかわらず、食事を口にしてダイエット製品も口にすればお金がかかるだけです。これは、業者がビジネスとしてお金儲けをするための仕組みを作っているに過ぎません。背景にビジネスがあることを理解すれば、わざわざお金をかけてそのような商品を買う必要もなく、無駄に食事をすることも避けることができるでしょう。ただし、食べないにはそれなりの忍耐力が必要です。忍耐力をつけるためには、自分の意識を変えるしかありません。太っている自分を当たり前と考えているのではなく、痩せている自分が当たり前と考えるように持っていけば、自然に食事をしなくて済むようになります。

Page Top